Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
岐路に立つ日本のジャーナリズム―再構築への視座を求めて
岐路に立つ日本のジャーナリズム―再構築への視座を求めて (JUGEMレビュー »)
天野 勝文, 林 利隆, 渡辺 修, 桂 敬一, 藤岡 伸一郎
RECOMMEND
広告―広告は市民とマスコミの敵か味方か
広告―広告は市民とマスコミの敵か味方か (JUGEMレビュー »)
桂 敬一, 須藤 春夫, 服部 孝章, 伊藤 洋子
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
Go to the Master's thesis.
<< 第4章:新聞広告の社会的機能の模索 | main | 研究状況 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第5章:新しい新聞広告労働者像
これからの新聞広告労働者の役割

記者と同等かそれ以上にジャーナリズム性を持たなくてはならない。企業間、企業と消費者を繋ぐコミュニケーションに新聞広告が役割を果たす。新聞広告労働者はそれを有効にさせるべく努力しなくてはならない。
企業と消費者、企業と企業を結びつける形で新聞広告労働者は機能することができる。記事体広告や特集を組むことにより、また複数の企業が持つ共通する理念を素材として企画広告という形で提案することも可能だ。

参考文献読書:桂敬一、服部孝章、須藤春夫、伊藤洋子編『21世紀のマスコミ 広告』、新田宇一朗『新聞広告論』、『新聞広告の研究』
| - | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:52 | - | - |









http://tanoshiine.jugem.cc/trackback/18